読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

函館 三十路女のグルメブログ

函館住まい、精神年齢だけは無駄に若いはてな女子を目指す(心はずっと)三十路女のグルメ多めのブログです。尚、このサイト内の画像は全て引用及び、無断転載を禁止しております。(引用、無断転載を発見した場合は、使用料を請求させていただきます。)

スポンサーリンク

 
 

「大沼」を愉しむスペシャルコース♪ 鶴雅オーベルジュ エプイ

 
や、やばいよやばいよ!(出川風)
3月後編に行ったところ、画像が多いからとかで後回しにしていたら…店舗画像の雪がひどいよ!(´・ω・`)
今じゃ考えられないほどの雪で、もう笑って誤魔化すしかできないよ!ハハーン!wヽ(・∀・)ノ
(以上、心の声をお届けしましたw)
 
ということで、「大沼鶴雅オーベルジュ エプイ」のレストランをさらっとかきますよw
生暖かい目でごらんくださいませ…あははw
しかも予約日当日の体調が悪く、味覚が正常に働いていない時に行ったので本当にさらっとかきます…(´・ω・`)
 
やっと行ってきました、「大沼鶴雅オーベルジュ エプイ」。
昨年、「大沼にも憧れの鶴雅リゾートができるー!イヤッホオオイイ!」と喜んでいたのに、気がつけば1年経っておりましたw
 
画像左側の扉はパン屋さんの入り口なので、右側の扉から入ります。
 
f:id:hmsko:20170407234248j:image
 

スポンサーリンク

 
 
  
f:id:hmsko:20170407234325j:image
 
今回みそ子が食べたのはスペシャルコースの「大沼の恵み(4500円)」♪
 
アミューズは北海道産のクリームチーズを使用した「マグロとサーモンのタルタル」
マグロとサーモンのタルタルとサクッと香ばしい最中がよく合う!
そしてお皿もまた素敵ですよ…ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20170407234345j:image
 
気分だけでも「呑んでる感」を出したかったので、ノンアルコールスパークリングをw
果実感が強くて美味しかったです。
 
f:id:hmsko:20170407234416j:image
 
一面の窓からは美しい庭が望めるので、とても開放感があります♪
(3月後半の画像なのでね…ほぼ雪しかありませんけれど…w)
 
f:id:hmsko:20170407234436j:image
 
「あらー、なんだか素敵なオブジェ…」と思っていると、なんとこれは「木琴」!ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20170407235322j:image
 
スタッフの方に了承を得て鳴らしてもらいましたが、上から専用の木製のボールを転がすと「主よ 人の望みの喜びよ」が流れるのです♪
木琴のやわらかな音色がレストランの雰囲気とよく合うこと!ヽ(・∀・)ノ
木琴を鳴らす際は、踏み台が三角で足を踏み外しやすいのでご注意くださいとのことでしたよー。
 
f:id:hmsko:20170407234513j:image
 
この日のシェフおまかせ前菜は「函館近海のアンサンブル」♪
なんて彩り鮮やかな前菜ですこと!ヽ(・∀・)ノ
 
思わず「ガラスでできたエビフライなの!?」と見まごう美しさの「函館近海のボタン海老とずわいがにの和風ジュレ」は、甲殻類好きにはたまらない一品!和風ジュレも上品なお味でした。
「ブリとインカの目覚めとずわいがにのテリーヌ」も魚介の旨味がギュギュっとでていて、これもまた美味しい。
バジルソースとクリームチーズソースとの味の変化も楽しいのです♪
 
f:id:hmsko:20170407234550j:image
 
「ゴボウのスープ」♪
ゴボウがしっかり感じられるやさしいスープ。
体調不良だったので、余計にカラダに染み入る感じがしましたw ありがたいw
(ゴボウってなんだか「カラダにいい」イメージありますよねw)
 
f:id:hmsko:20170407234607j:image
 
パンもあたたかくて皮目がカリッと♪
オリーブオイルもフレッシュで美味しかったのです。
 
f:id:hmsko:20170407234625j:image
 
「鯛とウニのロースト」♪
鯛とウニを一緒に食べるなんて!?w なんて幸せなことでしょう!
貝類のブイヤベースも旨味が尋常じゃありませんでしたw
 
f:id:hmsko:20170407234643j:image
 
口直しの「フランボワーズのグラニテ」♪
フランボワーズの爽やかな酸味でお口の中もスッキリ!
 
そしてこのデザイン性の高い器よ…!
錫なのかは不明ですがw、まー小洒落てますこと…!ステキ!
さすが鶴雅リゾートさんですよ…。
 
f:id:hmsko:20170407234704j:image
 
メインは「北海道産牛フィレ肉のポワレ 山わさびのクリームソース バルサミコとトマトのソース」♪
こ、この見事なピンク色…!ナイフを入れた時からやわらかいのは想像していましたが、口に入れると「…ハッ!!」と目を見開くほどやわらかいのです!ヽ(・∀・)ノ
想像以上のみずみずしさと美味しさに、一瞬で風邪が治った気さえしましたw
 
こんなにやわらかく仕上がるのは低温調理的な技でしょうか…(勝手な想像ですが)
みそ子の「料理用 水温調整クッカーANOVA」欲が止まりません…
 
  
ほ、欲しい…ANOVA…(´・ω・`)
買ってしまったら塊肉しか買わなくなりそうですけどねw
 
 
f:id:hmsko:20170407234724j:image
 
デザートはマンゴーソースのかかったブランマンジェとベリーソースのアイスクリーム♪
どちらも濃厚ながらソースの酸味がほどよく、一瞬で平らげましたよw
 
f:id:hmsko:20170407234750j:image
 
この「鶴雅オーベルジュ エプイ」は平成2年以降、すべての鶴雅リゾートの設計をされている吉野氏がデザインしたものだそうで、アイヌ民族の文様などを上品に取り入れていてとても見事なのです。
レストランにそびえ立っている煙突のようなものは、まるで「ランプの大樹」のよう!大沼の雰囲気にピッタリですね!
 
f:id:hmsko:20170407234809j:image
 
最後はゆっくり紅茶をのんで余韻に浸ります♪
それにしても最初から最後までお皿や器が素敵!
 
f:id:hmsko:20170407235239j:image
 
ビュッフェコーナーはこんな感じ♪
次回はビュッフェを食べにくるんだ…そしてかぼちゃを絶対食べるんだ…!
(かぼちゃが食べたくて仕方がなかったのですw)
 
そして帰りはしっかり「ブーランジェリー エプイ」でパンを購入!w
どれも美味しくて写真を撮る前に食べちゃいましたよw
 
日帰りでランチと一緒に大浴場や個室貸切風呂などがセットで利用できるプラン「ランチ&入浴プラン」もあるようですので、オーベルジュの雰囲気を味わいたい時や記念日(母の日や父の日も近いですしね)などのプレゼント&利用もいいかもしれませんね♪
(大浴場、個室貸切風呂、いずれも1日の限定組数が決まっているようですので、気になる方はエプイさんへお問い合わせくださいませ。)
 
 
住所 亀田郡七飯町大沼町85-9 
 
 

ランキング参加中です♪

blogramで人気ブログを分析

 

スポンサーリンク