函館 三十路女のグルメブログ

函館住まい、精神年齢だけは無駄に若いはてな女子を目指す(心はずっと)三十路女のグルメ多めのブログです。尚、このサイト内の画像は全て引用及び、無断転載を禁止しております。(引用、無断転載を発見した場合は、使用料を請求させていただきます。)

スポンサーリンク

 
 

行ってよかった!工場見学2014 第一位![追記有]

GWの話に戻りますがw、真狩村で大量のお豆腐を買い込んだ後は余市に向かいました♪
 
向かうは…あの朝ドラ「マッサン」の舞台にもなった「ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸留所」でございます!ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20150516225726j:plain
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
ここ余市蒸留場は、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」による「行ってよかった!工場見学&社会科見学2014」で第一位に輝いているのです!
 
これは期待が高まりますよ…!(白目)
 
今回が初めての訪問ということもあったので、ネットで事前に無料ツアーに申し込んでおきました♪
空きがあれば当日でもいい様です。
 
無料駐車場に車を停めて外に出ると、遠くからバグパイプの音が!ヽ(・∀・)ノ
「マッサン」のオープニングを思い出して、テンション急上昇ですw
 
受付で無料ツアーの指示をうけて、待合室?へ。
 
この待合室の中の小さな売店では「ウィスキーチョコレート」などが販売されているのですが、売切れもちらほら。
 
ですが!
ここで早まってはいけませんよ!
ここでは売切れでも敷地奥の売店に全部揃っているので、焦らなくてもいいのです!
 
…みそ子は焦って買いましたよね…(´・ω・`)
ウィスキーチョコレートが売切れだったので第二候補のブランデーチョコレートを人数分…(´・ω・`)
売店でウィスキーチョコレートを見つけた時の衝撃といったら…(´・ω・`)
 
 
と言うことで、これから悲劇?wが起こるとも知らず、のんきにガイドさんの指示に従ってゾロゾロついて行くみそ子達です!
写真OKのタイミングはガイドさんが指示してくださいます。
 
f:id:hmsko:20150516225745j:plain
 
おおお!これ、ドラマで見たことあるー!
 
これがポットスチルじゃけー!ヽ(・∀・)ノ
 
思わずエセ広島弁を使いたくなりますw
マッサンの声で脳内再生してみたりw
 
f:id:hmsko:20150516225804j:plain
 
工場稼働日で石炭をくべる所も見られました♪
ツアーの時間に合わせて見せてくれた様。
 
見学者のみそ子達からは結構距離があるのにも関わらず、ぶわっと熱が伝わってきます!
 
f:id:hmsko:20150516225856j:plain
 
お兄さんなんて、こんな近距離でものすごく熱いハズ!!
 
大変なお仕事です。
この様な大変な工程の一つ一つが美味しいウィスキーにつながるのですね!
 
f:id:hmsko:20150516225934j:plain
 
マッサン・エリーのモデルとなった竹鶴政孝・リタ夫妻の私邸を再現した「旧竹鶴邸」。
 
和と洋の良い所が取り入れられている素敵な建物。
今にも庭の手入れにエリーがひょっこり顔を出しそうな雰囲気がありますね♪
 
f:id:hmsko:20150516225952j:plain
 
それにしても敷地が広い…!!
運動不足の体には堪えますw
 
f:id:hmsko:20150516230008j:plain
 
わー!
これもドラマで見たー!!
 
大興奮ですw
トシ兄が指示していた光景が浮かびます…ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20150516230053j:plain
 
これは第一号のウィスキー!
中身が減っているのは、木のコルクなので少しずつ蒸発している為なのだそう!
 
f:id:hmsko:20150516230403j:plain
 
触れるポットスチル!
銅の厚さは1cmもあるそうですよ♪
上の方と下の方と音が違っておもしろい。
 
f:id:hmsko:20150516230439j:plain
 
これは熟成が進んでいく様子。
右から順番に1年目、5年目、15年目のもの。
だんだん量も減って濃い琥珀色になっていくとともに、私たちの知っているウイスキーの芳醇な香りに♪
 
熟成中にアルコールなどが蒸発して量が減っていくのですが、その減った分を「天使の分け前」と呼ぶそう。
天使が飲んでいく度に美味しくなるってことですかね♪素敵!
 
f:id:hmsko:20150517040359j:plain
 
「熊狩り」を嗜んでいたマッサンが仕留めた熊だとか熊でないとか…w
ここらへんの説明、聞き逃しましたw
 
マッサン役の玉山鉄二さんの熊狩り姿も見たかったなーw
 
f:id:hmsko:20150517034844j:plain
 
そして待ちに待った試飲コーナー!
ずらりと並んでいますが、もちろん「試飲」なので各種一杯ずつですよ♪(一人計二杯まで)
おつまみも販売されています♪
 
アルコール組→シングルモルト余市10年、ブレンデッドウイスキー鶴17年
ノンアルコール組→りんごのほっぺ、ウーロン茶
となっております♪
 
ウイスキーはそれぞれ美味しい飲み方があるようで、
シングルモルト余市10年は水とウイスキーを「1:1」で割る「トワイスアップ」という飲み方、ブレンデッドウイスキー鶴17年はウイスキーと水と氷を「1:2 + 3」で割り21回かき混ぜた「水割り」で飲むのがベストだそう♪
 
に…にじういっかい混ぜる…?!
(それ…20回でもいいんじゃ…!?)
 
と思いましたが、「21回」かき混ぜると氷がほどよく溶けてアルコール度数も適度に下がり、口当たりがやわらかくなるのだそうです!
ほほーう、大事な1回なのですね!w
 
飲み方をバッチリ覚えて、いざ試飲コーナーへ!
 
f:id:hmsko:20150516230506j:plain
 
この試飲が最高でした!!!ヽ(・∀・)ノ
 
それぞれ先ほどの美味しい飲み方通りに作りましたよ♪
香りがたまりませんでした!
いっぱい歩いたし、余計からだに染み渡りますw
 
「シングルモルト余市10年」はスモーキーフレーバーが最後にガツンと鼻に抜ける感じで力強く、「ブレンデッドウイスキー鶴17年」はとってもフルーティでやわらかく上品な感じ!
なんだか対照的なウイスキーに感じました♪
 
連れが飲んだ「りんごのほっぺ」もりんごそのものの味で美味しかったようです♪
北海道じゃ結構どこでも売ってますが、余市で飲む「りんごのほっぺ」は格別…!だったハズw
 
売店で追加のお土産を買い漁り、大満足で帰ったみそ子でした♪
(追記の追記:この売店で売っている「天使の分け前」というカップアイスが絶品だそうですよ…!みそ子は混雑の中お土産を買うので精一杯で見事に見逃していました…。アイス好き失格です…w ぷ~さん、教えてくださってありがとうございました!次行った際には必ず…!必ずや食べて帰りたいと思います!w)
 
こんなに楽しめて入場料無料だなんて…!
さすが一位は伊達じゃない…!
 
マッサンとエリーの面影をたどることができて楽しかったです♪
 
今度はさくらんぼソフトがやってる時期に行きたいです…
(あれって年中やってるものじゃないのですねw)
そして「天使の分け前」カップアイスも食べるんだー…
 
 
ニッカウヰスキー 北海道工場 余市蒸留所
住所 余市郡余市町黒川7-6
営業時間 9:00-17:00
定休日 無し(12/25~1/7は休業)
 
 

スポンサーリンク