札幌・函館 みそ子のグルメブログ(仮)

函館→札幌住まい、精神年齢だけは無駄に若いはてな女子を目指す(心はずっと)三十路女のグルメ多めのブログです。尚、このサイト内の画像は全て引用及び、無断転載を禁止しております。(引用、無断転載を発見した場合は、使用料を請求させていただきます。)

スポンサーリンク

 
 

感動の美味しさ♪小樽のお寿司 小樽旅その1

先日、プチ遠出で小樽に行ってきました♪
 
好きなんです、小樽…!ヽ(・∀・)ノ
函館からも結構手軽に行けちゃうし、ガラス工芸のレベルは高いし、水族館はあるし、心ときめく寿司屋通りはあるし…と、他にも数え切れないほどの魅力が!
そして海鮮が美味しいところや、坂があったり倉庫群があったりの街並みが、どことなく函館と似通っていて親近感があるのです♪(結局函館好きw)

ですが仕事の都合でなかなか行けないので、小樽の行きたいお店を練りに練って臨みました♪
 
そして今回一番行ってみたかったお店がコチラ!
北海道版ミシュランで2つ星を獲得している「握 群来膳(くきぜん)」♪
「郡来(くき)」とは、魚(主にニシン)が産卵のために沿岸に大群で来ることを意味します。ニシン漁が盛んだった小樽ならではの店名ですね♪
 
人気のお店ですので、事前に予約を入れました。
絶対に食べたかったですし、おすし…w

お店は寿司屋通りに面していますが、そのシンプルな出で立ちに2回程通り過ぎましたw
オサレで気付かなかった…!w

f:id:hmsko:20160429222629j:image
 

スポンサーリンク

 
 
 
 
自然光の入る明るい店内は清潔感があって、少し身の引き締まるようないい雰囲気があります。
 
f:id:hmsko:20160429222643j:image
 
下処理されたネタが整然と並んでいるネタケースも美しい…!
これから出てくる握りに一層期待が高まります♪
ランチは「おまかせ握り(5000円)」のみ。
苦手な食材は事前に聞いてくださいます。
 
f:id:hmsko:20160429222657j:image
 
お昼からお酒が飲めるのは旅の醍醐味!
運転をしてくれる友人に感謝しながら頼んだのはお店オリジナルラベル「握 群来膳」の生原酒。
お寿司の旨みをひきたててくれる、キレのある美味しい日本酒でした♪
 
f:id:hmsko:20160429222713j:image
 
お酒を頼むとこちらの「海苔とクラゲの佃煮」が♪
これがまた…お酒に合う!
 
器はすべて小樽ガラス。
涼しげで美しい…ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20160429222740j:image
 
平目の昆布締めから始まり、タイミング良くお寿司が握られていきます。
お寿司にはそのネタに合ったお醤油やお塩など味付けがされていますので、足りない方は好みでお醤油をつけるといった形式。
みそ子はそのままで十分でした。
 
少し硬めに炊かれたしっかり目のしゃりは口に入れるとほぐれていき、ネタとのバランスが最高♪
一貫、一貫食べるごとに幸せが…ヽ(・∀・)ノ
 
f:id:hmsko:20160429222800j:image
 
岩海苔のお味噌汁も美味しい…!
磯の香りが漂うやさしい味のお味噌汁。
 
f:id:hmsko:20160429222825j:image
 
甘ーいボタンエビには卵が♪
いい時期に来ましたw
いや、他の時期には他の美味しいものがあるのですけれどね!w
 
f:id:hmsko:20160429222847j:image
 
みそ子大好物、ウニの軍艦♪(おまかせ握りの最後になります)
バフンウニの濃い、甘みたっぷりのウニがてんこ盛り!
おまかせ握りが終わった後、追加でもう一度食べたほどの美味しさです♪
 
f:id:hmsko:20160429222906j:image
 
追加でお願いした金目鯛♪
これが、一番衝撃を受けた美味しさでした。
軽く炙って香ばしさがプラスされた脂ののった金目鯛を塩とすだちであっさりといただくのですが、これが!んまーー美味しい!wヽ(・∀・)ノ
お腹の余裕があればまだ食べたかったのです…(´・ω・`)
 
f:id:hmsko:20160429222922j:image
 
肝がのったキンキ(追加)も最高でした…
 
もうね、「幸せでした…」以外の言葉が見つかりませんw
また行きます。
今度はこのお寿司を食べるために…!ヽ(・∀・)ノ
 
大将も気さくで雰囲気がいいですよ!
函館にも年1ペースでいらしてるそうです♪
 
 
握 群来膳(くきぜん)
住所 小樽市東雲町2-4 ヴィスタ東雲1階
営業時間 11:30-15:00(L.O.14:30)、17:30-22:00
定休日 火曜日
 
 

ランキング参加中です♪

blogramで人気ブログを分析

 

スポンサーリンク